ガレリアRT5の性能レビュー!10万円以下でも性能はいいのか?

ガレリアRT5は税別10万円以下で購入可能なゲーミングPCです。

価格面はとても魅力的なモデルですが、気になるのは性能面。

とくに「オンラインゲームの推奨スペックを満たしているのか?」は重要事項ですよね。

今回はガレリアRT5のスペックをレビューしていくので、ぜひ参考にしてください。

ガレリアRT5のスペック

まずは、ガレリアRT5のスペックを表にまとめました。

ガレリアRT5のスペック一覧

価格 99,980円(税別)
CPU Ryzen 5 3500
グラフィックス GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ 256GB NVMe SSD / 1TB HDD
光学ドライブ なし
CPUファン AMD静音CPUファン
CPUグリス ノーマルグリス
電源 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
OS Windows 10 Home 64ビット

この商品をチェック

ガレリアRT5はドスパラのなかでも人気商品のひとつです。

とくに、ゲーミングパソコンをはじめて買う方や、予算を抑えて購入したいと考えている方にぴったり。

しかし、重要なのは「プレイしたいゲームの推奨スペックをクリアしているか?」

さっそく、人気オンラインゲームのスペックを調べてみました。

ゲームタイトル対応表

ガレリアRT5は上記に挙げた人気オンラインゲームの推奨スペックを満たしていました。

しかし、ゲームタイトルによっては推奨スペックをクリアできない(最低動作環境は満たしている)場合もあるので要注意。

プレイしたいゲームが決まっている方は、必ずゲームの公式サイトで推奨スペックをご確認ください。

推奨スペックについて

各ゲーム会社が公表しているゲーム推奨スペック(OS,CPU,グラフィックス,メモリなど)を満たしているかどうかをチェックしています。

つづいて、ガレリアRT5に搭載されているパーツごとに「どの程度の性能なのか?」解説していきます。

ガレリアRT5:CPU

ガレリアRT5に搭載されているのは「Ryzen 5 3500」です。

【AMD CPUの比較】

型番 コア数(スレッド数) 定格クロック(TDP) 性能目安
Ryzen9 3950X 16(32) 3.50GHz(105W) 4137
Ryzen9 3900X 12(24) 3.80GHz(105W) 3453
Ryzen7 3700X 8(16) 3.60GHz(65W) 2389
Ryzen5 3600X 6(12) 3.80GHz(95W) 1926
Ryzen5 3600 6(12) 3.60GHz(65W) 1874
Ryzen5 3500 6(6) 3.60GHz(65W) 1337
Ryzen5 3400G 4(8) 3.70GHz(65W) 984
Ryzen3 3200G 4(4) 3.60GHz(65W) 763
Athlon 3000G 2(4) 3.50GHz(35W) 479
Athlon64 X2 3800+(基準) 2(2) 2.00GHz(89W) 100

【参照】ドスパラ「AMD CPU性能比較

目安スコアは他シリーズとの性能差の参考としてご覧ください。

【AMD CPUの性能比較】

Ryzen 5 3500」はスペックを下げて、価格を抑えたCPUです。

上位モデルと比較すると性能は落ちますが、ゲームプレイに大きな支障が出るスペックではありません。

むしろ、価格と性能のバランスを考えると「コスパが良い」と評価している声もあるため、価格重視の方にとっては心強い味方と言えるでしょう。

ガレリアRT5:グラフィックス

グラフィックスはゲーミングパソコンにおいて重要なパーツです。

ガレリアRT5に搭載されている「GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6」のスペックをチェックしていきましょう。

下記にGeForceシリーズ(RTX,GTX)の一覧をご用意しました。

【GeForceシリーズの性能】

名称 クラス 性能目安
RTX2080Ti ハイエンド 1270
RTX2080 SUPER 1084
RTX2070 SUPER ミドルクラス 993
RTX2060 SUPER 837
GTX1660 SUPER 621
GTX1660 546
GTX1060 410
GTX1650 SUPER ローエンド 478
GTX1650 366
GT1030 75

【参照】ドスパラ公式サイト「比較対象GPU一覧

目安スコアは他シリーズとの性能差の参考としてご覧ください。

【GeForceシリーズの性能比較】

 

性能としては、シリーズのなかでも中間層のミドルクラスです。

まさに、GTXシリーズは「価格を抑えつつ、そこそこの性能を求めている」方におすすめ。

決して「超高性能」ではありませんが、オンラインゲームを楽しむための環境は整えられるスペックです。

ガレリアRT5:ストレージ

ガレリアRT5のストレージは「256GB NVMe SSD / 1TB HDD」です。

プレイしたいゲームが少ない方は標準スペックのままでも問題ありませんが、複数のゲームを楽しみたい場合や動画を多数保存したいのであればグレードアップをおすすめします。

ちなみに、現時点では「+5,000円で512GB SSD」「+13,300円で1TB SSD」へ変更可能です。

参考までに人気オンラインゲーム必要容量目安をまとめました。

FF14 60GB以上の空き容量
VALORANT 22GB以上の空き容量
Fortnite 20GB以上の空き容量
APEXLEGEND 22GB以上の空き容量
RAINBOWSIX SIEGE  61GB以上の空き容量

ただし、オンラインゲームはアップデートにより必要容量が増える可能性があるので注意が必要です。

ガレリアRT5:電源

ガレリアRT5の電源は「500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)」です。

メーカー名は記載がなく不明です。

また「80PLUS認証」の電源(パソコンで使用する電源に変換するときの変換効率が80%以上)を使用しています。

「80PLUS認証」電源のなかにもいくつかランクがあるので、まとめてみました。

STANDARD
BRONZE
SILVER
GOLD
PLATINUM
TITANIUM

「STANDARD」⇒「TITANIUM」の順番で上のランクです。

ガレリアRTに使用されているのは「BRONZE」の電源なので、GOLDやPLATINUMと比較すると性能は低いです。

パーツにこだわる人のなかには「メーカー不明」&「BRONZE」の電源は避ける方もいらっしゃいますが、「BRONZE=悪い」わけではないのでご安心ください。

ガレリアRTのデザイン

つづいて、ガレリアRT5のデザインを見ていきましょう。

ガレリアRT5のデザイン&内部構造

ガレリアRT5はKTMミニタワーケースを採用しています。

デザインのモチーフは「日本刀」です。

煌びやかに光ったりするわけでもないため、とってもシンプル。

人によっては「ものたりない」「ダサい」と感じるのも事実ですが、無駄のないスッキリとしたデザインが良い方には好まれます。

ポイント
  • コンパクトなサイズ感
  • エアフロ―にすぐれている
コンパクトなケースを採用していると「熱が溜まりやすいのでは?」と不安になりますよね。

ガレリアRT5はエアフロ―にもすぐれたつくりなので、ご安心ください。

吸気口から背面ファン&電源ユニット搭載ファンへ、空気が自然に流れるように配慮されているため熱によるパーツのダメージを軽減できます。

また、省スペース性とハイエンド構成を両立できるモデルでもあるため、搭載力についても魅力たっぷり。

ガレリアRT5の大きさ&重量

ガレリア専用 KTMミニタワーケース (MicroATX)
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ) mm
重量 約8.2㎏

ガレリアRT5の大きさはひとことでお伝えするならコンパクト。

比較対象としてガレリア専用KTケースを挙げてみます。

ガレリア専用KTMミニタワーケース ガレリア専用KTケース
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ) mm 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm
重量 約8.2㎏ 約13.9㎏

幅、奥行き、高さともにガレリア専用KTケースと比べると、ひとまわり小さいサイズです。

そのため、あまり場所をとりたくない方にもガレリアRT5はぴったりです。

他モデルとの価格比較

ドスパラのガレリアRT5を他メーカーの同価格帯ゲーミングPCと比較してみましょう。

今回はマウスコンピューターの「G-Tune PM-Z」をピックアップしました。

ガレリアRT5 G-Tune PM-Z
価格 99,980円(税別) 99,800円(税別)
CPU Ryzen 5 3500 インテル(R) Core(TM) i5-9400 プロセッサー
グラフィックス GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6 NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER / 4GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )
ストレージ 256GB NVMe SSD / 1TB HDD 256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 )
光学ドライブ なし なし
CPUファン AMD静音CPUファン 標準CPUクーラー
CPUグリス ノーマルグリス 標準CPUグリス
電源 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE) 500W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )
OS Windows 10 Home 64ビット Windows 10 Home 64ビット

ドスパラの「ガレリアRT5」とマウスコンピューターの「G-Tune PM-Z」を比較した場合、コスパ面重視ならガレリアRT5を好む方が多いのではないかと考えられます。

理由としては、グラフィックスメモリストレージのスペックがガレリアRT5の方が高いからです。

かりに「G-Tune PM-Z」のグラフィックスを「ガレリアRT5」と同程度にすると、+9,800円かかります。

また、メモリに関しても「8GB⇒16GB」にグレードアップするなら+10,800円です。

ストレージについては1TB/HDDを足すと+5,800円

つまり、ドスパラと同じスペックにするとトータルで26,400円が必要ということ。

ただし、ガレリアRT5のCPUはインテル製ではなく、AMDのRyzen5 3500です。

インテル製への変更はできないため「CPUのメーカーは絶対インテルが良い」方へは「G-Tune PM-Z」の方がおすすめできます。

コストを抑えたゲーミングPCが欲しいならガレリアRT5

ガレリアRT5は価格が10万円以下ながら、人気のオンラインゲームも楽しめるスペックです。

はじめてゲーミングパソコンを購入する方や、予算を抑えたい方におすすめできるモデル。

ストレージやCPUはカスタマイズも可能なので、必要に応じてグレードアップ可能!

カスタマイズをしたとしても15万円以内におさまるパターンが多いので、コスト面でもとても優秀と言えるでしょう。

コメントを残す